« Win10のアップデットがやっと終わった | トップページ | 不合格 »

2016年8月 1日 (月)

7月は腐っとった、そして復帰1か月

7月のQSO数はJA6局(18MHz、21MHzともに3局ずつ)、DX2局(14MHz2局)。

悪かったのはあるけどあかんがな。いかにやる気がなかったかという証拠になってしまった。JT-65は1回も出ていない。やっぱり暑いんやなー。部屋が。エアコンが効き始めるまで我慢が出来ん。1スイープしても何も聞こえへん。最近は21MHzの国内さえ聞こえてこん。それに足して車からの運用をしていない。車がちっちゃくなったのでアンテナやらを積んでいくのが場所をとる。こんども実家に行くときはアンテナは持って行かれへんやろなー。着替えやら、クーラーボックスでもう積めんもん。

復帰してから1か月。点滴の時は休みでフルではないし、あちこちに泊りやら日帰りの出張やらがあり、なかなか楽しい。でもやっぱりしんどい時が1~2日あるのも事実。でも行ける間は少々の無理でも行っとかなあかんし。家で寝転がっといてもおもろないのでね。

もう手術してから1年3か月以上経つけど、最近やたらと傷跡が痛む。満足に寝られへんこともある。そして、足の裏のむくみのせいで痛みがあること。あごの腫れが神経を圧迫して痛みがあること。結局痛みのためにあんまり寝られんのがつらい。

あちこちでがんのために死んでいっているが、弱っていくともう気力もなくなるんやろな。うちの親父もそうやった。見た目は普通だったが、体力が落ちてつまずいたりして、見舞いに行ったときはもう長ごうないわと本人は言っていた。実際、急激に弱っていった。危篤やって知らせが来てからなんとか帰るまでは持ってくれたが、ぎりぎりだった。なんかわかるわ。

今回で3回目の点滴をしたが、免疫療法なので、毒を注射しているのではない。だから副作用はかなり軽い。実際、一番初めの抗がん剤は体がしんどい(1週間続く)、食欲不振、便秘、脱毛、など、気分がすぐれないことも多々あった。それに比べたら、今回は軽い物しか出ていない。実際に副作用なんか?って言う程度。変わったんは、たんが出るようになってきたくらいかな。でも、今までの薬が効かんようになったので転移や病巣が大きくなっているのは確認できた。今日はこの薬剤をやっている人がかなり多く来ていたのでしばらく待つことになった。効く人には絶大な効果がある。

何年も続けてやっても完治はしないので所詮は延命行為になるんやけど、動けんようになったらもう止めやな。がんが転移してくると全身耐えられない痛みがあると言われるが正にその通りです。精神力が強い人でなければ耐えられないほどになります。だから、自分の意思があるうちは延命治療の拒否も選択にいれとかんとあきません。

新聞に中小企業は従業員ががんにかかった場合のサポートが難しいと答えた数が6割以上あったらしい。確かにそうかもしれんが、そんなことだと若い人たちはその会社には入社してくれへんやろと思った。ただでさえ人が集まりにくいのにそんなサポートもしてくれへん会社じゃなー。り患したら経済力、年単位の休養が必要だが不安で仕方がない。実際私の場合は、給付金は少ないが(赤字状態)貰えるだけで心強かった。しかも期間も、追加の手当てもあったのでかなり良くしてもらえた。会社にも休職扱いだが相談は色々のってくれている。保険に関しても、たまたま、切り替えてすぐだったが、生活費として使えるほど給付してくれた。これはいまだに有効なので入院したらまた給付金がもらえる。そして万一死亡しても、年間いくらで家族には多くはないが生活費が支給される。診断後は保険料の払い込みはなしになるのもよかった。欲を言えば通院も何かしら貰えるものがええけど、あれもこれもになるとべらぼうな保険料になってしまう。

「人間五十年 、下天のうちにくらぶれば 夢幻のごとくなり。一度生を受け滅せぬ者のあるべきか。」これが私の昔からの考え方。今はそんなに悔いはない。人には寿命がある。それは絶対的なもの。長いか短いかだけのことである。宗教は大嫌いだが、日本には八百万の神が居てはるとおもう。宗教を利用して、金儲けや強引に勧誘が大嫌いなだけである。

自分自身の中で貯めるより、痛いだのを話せる相手がいたら非常に心強い。

人類の進歩は素晴らしいね。10年前なら、1年も生きていなかっただろう。そんな感じで生きていると、モノへの執着はなくなる。別にええやんになってしまう。ただ、礼儀など持っていなければいけないものをないがしろには出来ない。だから私はシナ人が嫌いである。

全世界に散らばっているシナ人は全滅するべきだと考えている。朝鮮人もそう。ひとから後ろ指さされる、みんなの決めたことを紙屑だと言って実行しない。そんな人種は滅びてしまえ。

それからもう1種類。たばこをそこいら中で吸っている奴。灰皿がないのに吸うた後は捨てていくやつ。車で窓から捨てる奴。病院の敷地内で禁煙って書いてあるのに吸っている奴。こやつらは重篤な脳の病気なんか?今すぐ死んだらええのに。通っている桜ノ宮の病院もこんな感じ。横が公園やけど、わざわざここにきてタバコ吸いよる。もちろん禁煙って書いてあるのに。若いもんは注意したら謝って始末してくれるが、年寄りはあかんわ。忠告も聞きよらん。もうはよ死ね。こんな奴らを大事にせんと若いもんが楽になるように税金の徴収やら使用の配分を考えなあかんで。前もあったよな。大阪市のバスのタダ券を廃止したらぶーぶー文句言う。医療費も年寄りがよーさん使ってんやで。何にもないのにしゃべりに病院に行ったら迷惑なんやで。

ちょっと愚痴ってしまいました。今の所平常運転です。暑いのにバイクに乗るのも楽しい。ナビがないので毎日違う道を走って、しもた言うたりも楽しい。もう一回ボーナスも欲しいなー。(誤字脱字が多すぎたので修正しました。寝る前だったのでぐだぐだですわ)

« Win10のアップデットがやっと終わった | トップページ | 不合格 »

無線」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
長文でコメントしようと思うこともいっぱいあって、お年頃でもあるし、次から次から書く内容を忘れていきますが…
JT-65はちょっとやらなくなると、全くやりたくなくなります。
なぜでしょう?

それから、タバコは、あれを大量に吸っていると自分勝手な考えになっていくんでしょうかね。
そうとしか思えない状況ですよね。
私の大学の研究室の教授がよく言っていましたが、「○○先生はいつも半分はタバコのことを考えているから給料は半分でいい」と。

コンパクトカーで長距離を走ると疲れますから、帰省のときは休憩しもってのんびりと行ってくださいね。
とは言っても夏休みはSAなども混んでいて逆に疲れますけどね。

LSF局、こんばんは。
コメントをしたのですが反映されてなかったようです。
もう、嫌になりますわ。あれ、何をするんやったっけ?でもう一度繰り返しで思い出していきます。まだこれでなんとかなるので今はいいのですが。
JT-65ははっきり言って暇やないと出来ません。1分送信、1分受信。相手がおらんとこの繰り返し。時間がもったいないです。やる気がない時はデコードしようとも思いません。こんなん言えるのはある程度飛んで行く設備があるからでしょうね。せやから考えてみたら贅沢なもんですわ。
煙草に限らずいつもやっているとあかんことでも罪悪感がなくなってしまい結局恥ずかしい目に合わな行かんようになります。それにしてもシナ人のような似非日本人の多いこと。厳罰がないとやめへんいうのは恥ずかしいです。
なんぼでも愚痴が出ますわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043354/66795263

この記事へのトラックバック一覧です: 7月は腐っとった、そして復帰1か月:

« Win10のアップデットがやっと終わった | トップページ | 不合格 »