« やっぱりノイズが多い | トップページ | 聞こえるけどやっぱりあかん »

2016年2月21日 (日)

JT-65のレベル調整

今、JT-65はFT-991Mで送信している。免許申請もわからんところは詳しい人に教えてもらったり、検索で調べたりで割合簡単に出来たし受信も簡単に出来る。ソフトはJT-65HF HB9HQXバージョン。

このソフトかFT-991か知らんが、その日その日でデータレベルが変わってしまう。データレベルは無線機のALCで見ているが、周波数が変わるとまた変わってしまう。パソコンの音声系は何もさわっていない。

毎回、ALCでレベルと、消費電流を見ながらやるのは邪魔くさい。なんでこんな変わるんやろ。

こんな状態でもJT-65は微弱な信号でもDXが出来るので面白い。15mや20mはいつもJAが出ているのでにぎやかだが、局数の少ない30mと17mはなかなかQSO出来ないがそれがまた面白い。こんなことを思っている自分はやっぱり変わりもんだ。

最近、モノバンドに特化して5エレのHB9CVを上げてあかん時は諦めて、ええ時はほかの局より良く飛ばしたい(高さが足らんからそんな計算通りには行かんやろけど)というのを考えたりする。

実際、ものすごいええ時はEUの弱ーい局が束になって呼んでくるときがある。こんな局はほんまに小さいアンテナでJAみたいなカスでも初めてというのが結構ある。こういう局とQSOしたら、向こうも満足。こちらも満足で楽しいやろなーっと。

« やっぱりノイズが多い | トップページ | 聞こえるけどやっぱりあかん »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043354/64070112

この記事へのトラックバック一覧です: JT-65のレベル調整:

« やっぱりノイズが多い | トップページ | 聞こえるけどやっぱりあかん »