2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 今日は一段と寒い | トップページ | しんどいなー »

2015年12月19日 (土)

シグナス(1YP)のホーン交換

午前中、予定通りシグナス(1YP)の不具合を見てもらいにバイク屋へ行ってきた。結論は、異音だけ現象が現れず様子見となった。しかし、帰ってからホーン交換をした後、また出てきた。どうも冷えているときに出やすいようだ。場所は前側ならスピードメーターワイヤーの辺り?らしい。これは何件かあるようで。でも、実際どっち側かようわからん。

修理中に近鉄八尾駅前で昼ご飯を食べ(また河内うどんに行ってきた)美味い天そばに満足し、帰ってからホーン交換。ワッシャを1枚入れてどうなったかはわからん。

まず前面のカバーを外すのに、トルクスネジをはずさなあかん。このために安っいセットの工具をアマゾンで購入してあった。アマゾンでAC6088特殊ドライバーセット 999円(送料無料)

まずねじを外し、カバーはなかなか取れんやろなー思っていたが、すぐに外れた。拍子抜けするほど簡単だったので後の作業が進む。それから、バッテリーのマイナスを外し、万全な状態。

Dsc_4524しかし、純正のホーンは情けない音やな。ロードランナーのミ、ミみたいな音やわ。(これ知っている人はまあまあな年齢かと)これじゃー無視されるわ。まあ実際、無視されたけど。

 

Dsc_4522ホーンは2個あるので、1個はもともとついていた場所へ。ステーを折り曲げカバーに干渉しないよう角度を付ける。ホーンはミツバのアルファーⅡコンパクト。アマゾンで2480円(送料込み)。このバイクにはホーンが1つしかついていないため並列で配線せなあきません。事前に配線を半田付け。

 

Dsc_4523下側はステーを止めるナットがええとこにあるのでここもステーの折り曲げ角度を調整し簡単に付いた。


    

Dsc_4517作業終了。こんな感じ。時間は15分ほどで、特殊な工具は必要なし。

必要なのはトルクスネジ(T20)、スパナ(8mm、10mm)プラスドライバー、ボックスレンチ(10mm)これは無くても良かった。

Dsc_4525これは、一昨日取り付けた、シートダンパースプリング。これがないとシートがすぐ閉まってしまう。

純正を外すのは簡単だったが、こいつを付けるのはコツがいって、なかなかうまいこと行かんかった。片方づつナットを取り付けていき、やっと完了した。時間は30分位かかってしもた。MOS シートダンパースプリング。980円+送料400円

Dsc_4527これは書類なんかを入れる、メットインポケット(デイトナ 77008Mサイズ)アマゾンで1026円(送料込み)

メットインで大きなスペースがあるが書類なんかはそのままの状態で強風で飛んで行くかもしれん。これがあれば中がすっきり。横にブラさっがているVX-8DはBGM代わり。

バッテリのマイナスを元に戻して、試運転。おー。ちゃんと鳴るわ。乗用車の音や。大成功や。簡単すぎてほんまにこれでええんか?っちゅう位。店に頼んだら工賃どれくらいするんやろ?部品代より高いんちゃうかな。

今日もほんまに寒かった。パッチでもはいとかんと走られへんわ。

さて次はなにかな?マフラーかな?

« 今日は一段と寒い | トップページ | しんどいなー »

車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043354/63037125

この記事へのトラックバック一覧です: シグナス(1YP)のホーン交換:

« 今日は一段と寒い | トップページ | しんどいなー »