« not in the Log S79SP | トップページ | S79SP 今度はOK »

2015年10月 9日 (金)

アンテナ第三者賠償責任保険

アンテナ第三者賠償責任保険をうちのルーフタワー用で支払いしてきました。前の家から続いていますのでもう10年以上。最近、ようもこんな建て方で台風などの大風に壊れんと来たなと思う。JARLに入っている意味の半分はこれの為。ついでに来年度版コールブックも。必要か?と言われればいらんけど、十数年ぶりなのでこのあたりで1冊。

4エレHB9CVの20kg以上の重さがマスト上部にかかっている。ほんまはもうちょっと地上高を低くせなあかんのやけど。

今日も、夕方前から15CのS79SPを呼びに行くが・・・・。あかん。呼び負けではないけどUP2では届いていないようだ。何回呼んでもCQが出たりする。そのうちQRTしてしまった。17RTTYに行ったようだがしばらくするとまた21Cに戻ってきた。今度は21.0399。やっぱり何回呼んでもCQ連発。こっちも意地になって呼び続けると、やっと取ってくれた?これも怪しいQSOになってしまった。明日のログサーチ待ち。そのまま聞いていたら今度は信号が強くなって来ているしCQ連発。この局とは相性が悪いようだ。

JT-65では15mでCQを出してみた。アンテナはS7方向のままなので260度。VR2XMTとBX7AATが呼んでくれた。どちらも強い。Sでは9振ってくる。-04から-06dB。近場やけど、JT-65ではNEW。

暗くなる前に15SでCQ。JS6LIH局が呼んでくれ、ラグチューへ発展。信号強度はお互いに59+20。設備もほとんど同じようなルーフタワー+4EL(うちはHB9CVやけど)+200W。ただ無線機はFT-9000の高級機を使っておられる。ここは雲泥の差出る。先方もこういうQSOスタイルがお好きのようで。アンテナやら色々な話題で盛り上がった。18:00Jが過ぎたころストーンと落ちてしまった。えらい急やな、泣き別れ状態になってしまい申し訳ない。あんなに安定してたのに油断しとった。

それから、今、TS-480HX用に使っている安定化電源MAX-45-NFから、ノイズが出ていることが判明。どのバンドにも周波数が動くノイズがのっている。Sメーターには関係ないが音が聞こえるので不快。とりあえず、またアルインコのスイッチング電源2台の使用でしのいでいる。

勘違いして買った高い電源やったのにあかんがな。今度はMFJの多容量電源を調べてみる。円高になれば購入してしまうだろうけど、今は必要性がないな。

« not in the Log S79SP | トップページ | S79SP 今度はOK »

無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043354/61965926

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ第三者賠償責任保険:

« not in the Log S79SP | トップページ | S79SP 今度はOK »