« 今年も咲きました | トップページ | なーんも聞こえません »

2012年3月12日 (月)

相性が悪い

TS-48OHXの電源にダイアモンドのGZV4000を使っています。しかしこいつが相性の悪いこと。480のSSBでは声が電源内から聞こえてくる。インターフェアなんやろけど、他の電源2台を使ってやってみても全くそんな現象は出ない。しかも480のDCコードには2本ともフェライトコアを巻いてるのでコモンモードは減衰されているはず。

色々調べてみると、同様の現象は結構あるらしい。GZV4000が悪いようだ。しかもこいつにはSPが内蔵されている。何のために?意味がわからん。

せっかく買うたけど役立たずの部類に入っています。

« 今年も咲きました | トップページ | なーんも聞こえません »

無線」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。当方もTS-48OHX+GZV4000の組み合わせで最近電源から自分の声がビリビリなり始めたので検索で引っ掛かりました。
内臓SPを完全に取り外しても同じでしたね。
詳しくないのでどの部品がどのようにして鳴っているのかわかりませんが、コモンモード対策を強化しようと思いました。

山口よりさん、こんばんは。
この組み合わせ、どうも悪いみたいです。
検索しても同じ様なことが次々出てきます。
電源自体のシールドが甘いような気がします。中はすかすかで筐体は薄いんで仕方がないのかもしれません。
もういやになったんでアルインコの電源2台にしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043354/44469916

この記事へのトラックバック一覧です: 相性が悪い:

« 今年も咲きました | トップページ | なーんも聞こえません »