« 4/1 帰ってきました。今日は十三峠 | トップページ | 再免許完了 »

2011年4月 4日 (月)

TS-590 送信音の設定

TS-590では送信音や受信音の設定がイコライザーで出来ます。

しかし、これがむずかしい。マイクゲインもかなり高感度のようで、今までの無線機と同じように50位(十二時方向)だとゲインが高すぎ、ALCがバシバシふれ、過変調に。(でもほんまに過変調になっているかはわからない)

昨日はJS6RIY局に強力してもらい送信音を色々試してみて、データが取れました。

マイクをセラミック、ダイナミック、コンデンサと替えていって変調のレポートをもらい参考に。コンデンサマイクはゲインが高いのと、周りの音を拾いすぎて、TS-590には向かず。セラミックはやはりDX用。普段のラグチュー用は付属のダイナミックハンドマイクと決まりました。また、マイクゲインも20位でちょうどいいみたい。

送信音のイコライジングは難しいんでこれはまたこれから煮詰めます。(これもマイクによって変わるんで難しい)

受信はこれも好みと状況によって意見の分かれるとこです。とりあえずパソコンから低域と高域を高めしときました。これもようわからんなー。こんなんしてるっちゅうサンプルがあったらええんですけど。

« 4/1 帰ってきました。今日は十三峠 | トップページ | 再免許完了 »

無線」カテゴリの記事

コメント

お役に立ったようで幸いです。

お陰さんで、こちらも楽しいQSOになりました。

次回は21でのAMや、24,28メガで遊ぶことが出来ると良いですね。

こんにちは。
長い時間のおつきあいありがとうございました。
おかげさまで何もないところから一掴み出来ました。
次回はAMモードで・・・。楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043354/39487556

この記事へのトラックバック一覧です: TS-590 送信音の設定:

« 4/1 帰ってきました。今日は十三峠 | トップページ | 再免許完了 »