2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ARCP-590 | トップページ | 無策な売国政府 »

2011年3月14日 (月)

深夜のJJY受信

深夜にTS-590で長波を聞いてみました。

すると60kHzのJJY(佐賀県はがね山にある)が受信出来ました。今までの、FT-897、IC-7400ではかすりもしませんでした。(これらは受信改造してあるので動作外です)

短波のように秒針を刻んでいました。初めての長波JJY受信なんでちょっと感動しました。もちろん電源は20年前のトランス式電源。ごっつ重たいし、FANが回るとめっさうるさい。でも小型のスイッチング電源は長波、中波ともにノイズが結構出ています。アンテナは短いけどロングワイヤー。7~8m程度でまっすぐには張っていません。

長波の放送ですが実家では、日本海側なんでロシアの153kHz,243kHzなどそこそこ聞えましたが、こちらでは、ノイズやビートで聞えません。航空無線標識も211kHz伊丹(OG)、346kHz関西(KN)、360kHz名古屋(KC)、373kHz館山(PQ)の4局のみ受信出来ました。ほんまはLF帯は冬場の方がええんですがね。

中波帯は1620kHzの道路情報が聞えます。これは近畿道の八尾です。直線で2km程です。路側ラジオにしては良く飛んできています。

後は1669kHzDSBの船舶気象通報局です。昼は大阪ハーバーレーダーしか聞えませんが、夜になると全国の放送が聞えます。特に、東北、北海道がよく聞えています。AMで聞くと雑音が多く(S/Nが悪い)のこの周波数でUSBにして聞くと鮮明に聞えます。

« ARCP-590 | トップページ | 無策な売国政府 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1043354/39216838

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜のJJY受信:

« ARCP-590 | トップページ | 無策な売国政府 »