« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の18件の記事

2009年4月30日 (木)

QSLカード(direct)11

P1000047 EX2T(キルギスタン) 2009年3月、WPXSSB時山の上から21MHzでQSO。2$で請求しました。返信され、中を開けると別のカードが入っていました。6枚すべて3エリアです。

EX8MC→JA3EGZ、EX2A→JL3MCM、EX2A→JA3CJO、EX8BM→JK3OWM、UN7QF→JA3JOT、UN7QF→JG3GYO

住所がわかり次第、各局宛転送させていただきます。

        

2009年4月29日 (水)

4/28 ビューローからカードが届く

本日、カードが届きました。封筒で来ましたんでそんなに量はありません。DXのカードも何枚か入っていました。

P1000050 HL9A(韓国) 2008年7月、固定から21MHzでのQSO。IARUのコンテストのときでした。

   

P1000049

  

  

        

P1000051 V63VE(ミクロネシア) 2008年4月、山の上から18MHzでQSO。OPは日本人です。

   

P1000052

  

  

        

2009年4月28日 (火)

QSLカード(direct)10

P1000006 A61C(アラブ首長国連邦) 2009年3月のWPX SSB時、21MHzでQSO。見つけたときはアラブ語でラグチューしていました。終了時すかさず呼び、3局目でモバイルをとってもらいました。

最近、A61が18MHzに良く出てきてちょっとしたパイルになっています。

2009年4月27日 (月)

4/26国内オープン

26日の夕方、EU方面を聞いていました。イタリアがCQを出していますが、QSO済みの局なんでパス。S56WRTもCQを出しているが、QSBの谷になると了解度が落ちるんで、暫く聞いていると、思ったと通り信号が強くなってきた。S9を振ってきたところで、呼びかけ、QSO完了。そのうち、国内局が聞こえ出した。5、9、0エリアがs9++。近距離が聞えています。空いている周波数があまりないんで、暫く様子を見てからCQを出し、1エリアを中心に13局とQSOできました。

交信いただいた各局ありがとうございます。

2009年4月26日 (日)

4/24、25の18MHz

24日は固定からOZ8SW(CW)1局のみ。

25日は夕方、固定からSSBでIK4UPI(2回目)、G3SED、CWでDR09ANT、T77C。夜ご飯を食べに行って帰ってきても、まだEUが聞えています。CT1APEとQSO。GI4SNAが59で聞えていたんですが、呼ぶタイミングがなくフェードアウト。A61AB、A61HA/Mも良く聞えてました。固定からでも良く聞えていますんでかなりええコンディションとちゃいますかな。

このごろ夕方から、2200J位までよくきこえています。

交信いただいた各局ありがとうございます。

2009年4月24日 (金)

4/23 また黒点が消える

今日は950円でスカイラインへ。到着はええけど、風が強く、めっさ寒い。1500Jころ、18MHzでJH7GCNから呼ばれるが、QSBと弱いんで、尻切れ。その後、RA9UES、JA3XNとQSOごJS6RIYから呼ばれる。今日も59+20以上で強い強い。暫くQSO後は、JR3MFL、SQ8MFM(2回目)、RA3ISから呼ばれるが、DXはQSBと信号が弱い。今日はあかんなーと言いつつも、国内QSO。JA8GLZ、JA3EMA、JA3CSKJO3GQX/M3、JA0EDとQSO後、帰宅。今日は夕日がきれいでした。帰りは、XX9BBがCQでパイルになっているのを聞きながら帰宅。BA7が指定無視で呼び倒し。EU指定も無視。コールがあってないのに呼び倒し。よーやるわ。そんなんでとってもらえると思ーてんやろか。

帰宅後は、最近、夜の20時前後がええとゆうことで、固定でちょっと聞いてみる。すると、EA5DWSが59+で強力に聞えてる。パイルになっていないので、すかさず呼び出し。無事QSO。その後はHB9TJRも59+でQSO。クラスターに載せてくれってゆうんで、DXクラスターへ書き込み。その後プチパイルになっていました。後、IZ1DNJ(59+-59)、UA3SAQ(59+-59)、HA3FTA(59-57 3回目)とQSO後、フェードアウト。

やっぱり遅い時間がええようですな。

交信いただいた各局ありがとうございます。

2009年4月23日 (木)

4/22 久しぶりの黒点

夜勤明けの本日、午後、いつもの十三峠へ。到着するが、ちょっと時間が早いので、7MHzと28MHzのホイップを調整。メインの基台部分はNR-22Lがベース。あとは、7MHzがHR-7のエレメントを短くしていき、同調範囲(VSWR=2)は7.040~7.200。エレメントの出し入れで調整します。

次に28MHzはNR-22Lがちょうど27MHzに同調。なんでこれも上のエレメントを短くしていき、28.300~29.000(VSWR=1.5)の範囲で調整完了。28MHzは完全に1/4λです。

その後、21MHzでCQを出すが、応答なし。18MHzへQSY。JA3AJHに呼ばれしばしQSO。0700z頃、IW8XOHに呼ばれるが、QSBが酷いのと、信号が弱い。以後SQ8MFM、OH6LXI、UT3WW、OH4TI(2回目)、UR5IKM、とQSO。その後JE1AFWに呼ばれる。ん??国内オープン?。QSO終了後DK9JIに呼ばれ、QSO。あれ?次はJI1GOWとQSO。どないなっとるん??。JS6RIYに呼ばれしばしQSO。ファイナル近くになって、サイドの被りが出てくる。国内は、2局ほどしか聞えていない。なんかよーわからんコンディション。

最後にRA9CQXとQSO後帰宅。途中8がちょっと聞えていました。

QSO頂いた各局ありがとうございました。

2009年4月22日 (水)

QSLカード(direct)9

P1000002 FH/G3SWH(マヨッテ島) 2009年3月、18MHzCWでQSO。

  

     

P1000003 いつもの十三峠からホイップでQSO。この場所、EU、AF方面はかなりええロケーションです。1IRCで請求しました。

2009年4月19日 (日)

QSLカード(direct)8

P1030531 S21RC/P(バングラデッシュ) 2009年1月、18MHzSSBでQSO。スカイラインでQSOしました。この日のQSO数はJA、JT、この局の計3局。全く振るいませんでしたが、NEW ONEなんで良しとしました。

  

P1030530 レポートは59-52。まあホイップなんでこんなもんですな。

2009年4月18日 (土)

4/17

モービルの電源線を交換するため、いつもの十三峠へ。なんで山の上?。それは広い場所で交換するためです。(左右のドア全開のためです)

今まではバッテリー→ノイズフィルタ→室内用線→無線機用電源コード。このうちのノイズフィルタから室内用線用を14sqに交換しました。若干電源線が短くなったと、線が太くなったんで、電圧降下はほとんどないようになりました。14sqはものすごい太いのでここまでしなくてもええんですが。電源線と同軸ケーブルは太く短くです!!(ここまですると自己満足の世界ですな)

交換後は18MHzでCQ。最初はJS6RIYに呼ばれしばしQSO。その後XU7KOHに呼ばれるがちょっと弱い。(Wimさん、久しぶりです)その後はぽつぽつ程度でEUまでは行きません。UA6止まり。UA6JZ、JG4FLT/4、RA6YF、JT1CO、E21EJC、JG4BUO/4とQSO後声が掛からないし、なんにも聞えないんで本日は終了。

やっぱり黒点が出ないと18MHz、死んでいます。

交信いただいた各局ありがとうございます。

2009年4月14日 (火)

QSLカード(direct)7

P1030499 BS7H(スカボローリーフ) 2007年5月に21MHzでQSO。この局ずっと大パイルの連続でした。ラッキーなことにスプリット周波数がたまたま当たり、JF?のQRZですかさずコールしました。

    

P1030500 JAからはQSOしやすい距離なんですが、5月の連休中でしたし、大大パイルでした。よくQSOできたもんですわ。QSLカードはダイレクトだったんでほったらかしにしていましたが、気分が変わって1IRCで請求しました。

2009年4月13日 (月)

4/11,12

11日と12日はJIDX CWコンテストだったんですなー。気づくのが遅かったです。ですが、近場のHS0AC、AH0BT、KG6DX、BA7ANの4局のみとQSO出来ました。

各局交信ありがとうございます。

2009年4月11日 (土)

QSLカード(direct)6

P1030439d FK1TK(ニューカレドニア) 2009年1月に21MHzでQSO。IRC2枚を同封したんですが、2枚とも帰ってきました。(ふとっぱら!!)

以前からコールは良く聞いていたんですが、この局は何局かQSOするとすぐQRTしてしまい、しかもパイルには勝てないのでなかなかQSO出来ませんでした。

2009年4月10日 (金)

4/10

本日は朝からインテックス大阪で展示会があったんで行ってきました。内容は、電設、工具、等です。一通り回ったら、昼過ぎにになり帰ってきましたが、時間があります。そこでいつもの十三峠へ。15時JST前に到着し、とりあえず21MHzでCQ。エンジンを切って、予備のバッテリーでの運用です。しかし、声が掛からない。バンドは誰もいない状態。暫くして、JA3GLV、JH3BYXに声を掛けてもらいしばしQSO。その後18MHzにQSY。SSB帯は何にも聞えないので、CWへ。XU7MDYが599+で聞えていたんで、呼んでみる。無事QSO。( ̄ー ̄)ニヤリ。

SSB帯へ戻りCQを出すと、4Z4DXから声を掛けてもらいQSO。また暫く沈黙後、JG4FLT/4から呼び出し。しばしQSO。JG4BUO局のお知り合いで、1/4λ釣竿アンテナを使用されてるそうです。(ちょっとええなー。つくってみようかな?と食指が動きそうです)。

ファイナルをおくったあとはOH6JJ(2回目)に呼ばれQSO。ちょっとQSBがありました。その後はJS6RIYから呼ばれましたが、QSBがすごい!!。とりあえずQSOは出来ましたが、尻切れになる前にファイナル。が・・30分後はJS6RIY局とは59+20で安定してQSO出来ました。コンディションの変化が面白いですなー。最後はJG4BUO局に呼ばれQSO後、もうあかんと判断し、下山しました。

途中、CWを覗くと、7Z1HL、5Z4/PA3EWP、5X1NH、3B8/SP3JMB等のアフリカ勢が419と呼べるほどの強さでないですが、聞えていました。もうちょっと強かったらええんですがしゃーないです。

交信いただいた各局ありがとうございました。

2009年4月 7日 (火)

4/6

昨日は体調不良でお休み。しかし、夕方はCWでちょこっと聞えていました。QSOしたのは18MHz(CW)で9M2TO、YL2BJ、21MHz(CW)でT88CWの3局。18MHzCWで聞えてたのは、EW6DX、QSBがすごかった。599+から519。SSBではT88NF。QSO済(日本のコールでもQSO済)なんで声は掛けませんでした。

2009年4月 5日 (日)

QSLカード(direct)5

P1010792 N5T/ANT(南極) 2008年2月に18MHzCWでQSO。場所はスカイラインからです。南極なんたらデーで南極のいろいろな所からQRVしていた1局です。

   

P1010793 599+と非常に強力だったんで試しに呼んでみるとみごとQSO出来ました。QSLは1IRCで請求しましたら、すぐ返信がありました。南極のどの辺りなんでしょうか?

2009年4月 4日 (土)

4/3

今日は休みなんで、ホイップの調整がてら十三峠へ。7MHzと28MHzのホイップの調整を行いました。新品のままだと共振点が低いところにあるので、1cmほどづつやすりで傷をつけながら、折っていきます。7MHzと28MHz同じ長さで、調整完了しました。帯域(エレメントの1番短いときと長いとき)は7MHzが7.04~7.13あたりで1.5以内と新バンドにも出れるようになりました(7MHzはほとんどでませんが・・・)。28MHzは28.3~29.7まで1.5以内と非常に広帯域でした。

その後21MHzでちょっとCQ。HS0ZHCに声を掛けてもらいました。

その後、JO3FKSが21MHzのアンテナ調整にこられたので、話をしながら、見ていました。アンテナはノンラジアルの21MHzGPだそうです。調整をされるんだったら、アナライザーを使ってやった方が簡単ですので、手持ちを使ってもらいすぐに調整完了。

JO3FKSとお別れし、再度無線へ。18MHzCWでKH2/JF2CRP、S59AとQSOし、SSBでCQ。OH6JEとQSO。QSBがすごかったんで、すぐファイナル。その後9A1CCYにも声を掛けてもらいQSO。その後はぱったり声がかからんので、バンドスイープ。F5AD(2回目)がCQを出していたので声を掛けQSO。直後、F5MIN(2回目)から呼ばれるが、こちらの周波数と違うんで、UP5してもらいQSO。やはりQSBはありましたが、信号が強いので底でも十分内容がわかりました。TS850S+4エレ八木。出力500Wでアンテナの高さ50m。うらやましですなー。

今日はここでおしまい。19時JST前でした。EU方面聞えてくるのがすこし遅くなってきたようです。

2009年4月 2日 (木)

VK9

VK9LAの18,21MHz、CW。VK9MGWの21MHz、CW。オンラインログで確認できました。2つのNEWです。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »