2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の15件の記事

2008年6月29日 (日)

18MHzモービルアンテナ2

前に書きましたが、現在使用している18MHzモービルアンテナについて再度書きます。

  P1010229まずベースはコメットの21MHzモービルアンテナ”HR21” とダイアモンドの144MHzP1010227P1010228モービルアンテナ”NR-22L”です。 コネクター部分と下部エレメントはNR-22L、その上にHR21のローディングコイル部をのせただけの簡単な組み合わせです。

全長は2900mm。ローディングコイル部より下が純正より長くなっていますので、効率もよくなっているものと思われます。

P1010012P1010013_2P1010011ww VSWRは共振点が18.300MHz付近で1.1。バンド中心で1.2。1.5以内の帯域は18.300MHz±450kHzあります。かなり広帯域になっています。

もちろん半固定でしか使えません。風が強いとかなりしなります。

2008年6月28日 (土)

BCL

おもしろいサイトを見つけました。

BCLをしていた人には懐かしいんとちゃいますか?私はラジオスウェーデンやVOAのISなんかがすきでした。

http://www.intervalsignals.net/

各国のラジオがあります。ぜひ聞いてみてください

HB9CV

昨日、出張から早めに帰ってきたので、18,21MHzのHB9CVを自宅にあげました。事前にエレメントをいくつか組み立てていたので、3時間ほどで組みあがりました。

P1020843bog 今まで使用していた、ミニマルチのHX52B(18~50MHzまでQRV出来る2エレメント八木)と比べてみました。

Sメータでは1~2ほど信号が強くなっています。夕方、UU9JX/MMがCQをだしていたので、呼び出し、59-59のレポートでQSOしました。MMの場所はN24、E127とゆうことで沖縄の南かな?

HX52Bと同じ方向で取り付けるとVSWRが18MHzで1.6、21MHzで1.5とちょっと悪かったので、90°ずらしました。結果、18MHzが1.1、21MHzが1.15と良好になりました。完全に干渉していました。

さあこれからこのアンテナに活躍してもらいましょう。

ps 上が今回上げたHB18-21、下がHX52B、マストの先には144/430の3段GP、右には受信用のディスコーンです。

2008年6月22日 (日)

6月22日

本日は国内絶好調。車でFMを聞いていると中国の放送が混信してくる。Oh!久しぶりにFMのEスポです。中学生の夏を思い出しました。(BCLにのめり込んでいる時期でした)

50MHzでは8エリア6局とQSO。そのうち2局は5Wに絞ってコールし59を頂きました。

18MHzは近距離も聞えていました。

2008年6月17日 (火)

HB9CV

固定用で18,21MHzの2バンドHB9CVを入手しました。
今のアンテナをおろして上げ直しです。いつあげようかな?

2008年6月14日 (土)

QSLカード

本日、KF6IHLからWPX-PHONE 2008時のSASEが届きました。アメリカの局はビューロ経由だと受け取り料金が掛かるらしいので、JAのQSLなんかいらんと思っていたでびっくりです。(アメリカの局へのQSLは私は送っていません)しかもGS入りで、ますますびっくりです。もちろんSASEで送り返しますがGSも一緒です。(気持ちだけ頂いときます)DX局からのSASEは初めてですので、戸惑っています。P1010225

試験運用

13日にまた近くの山(十三峠)に登ってきました。

相変わらず国内が良く聞えています。今回の目的は18MHz用モービルホイップの試験運用です。今まで改造ホイップでしたが、ちょっと変えてみました。

まずコネクタ部分をHR-21からNR-22L。その先はHR-21のコイル部分+ステンエレメントで全長約2.8mの改造モービルホイップの出来上がりです。(今までより約20cm長くなりました)長いので風が吹くとゆーらゆーらしています。VSWRはバンド中心で1.2ほど。(使・え・そ・う)P1010011ww 1.5の範囲は上が約P1010012 P1010013_2 18.75MHz。下が17.85MHz。幅約900kHz(広いなー)。 ちなみに中心周波数は18.300MHz付近で1.05。ちょっと共振点が上にありますが、バンド内は1.2ほどなんでモンダイ無しです。(エレメントがこれ以上伸ばせません)

国内ばかりなんで飛び、受けは良くわかりませんでしたが、最後にHB9CVQがCQ ASIAをだしていましたので呼んでみました。最初はQSBが酷く届いていないようでしたが(こちらも53くらいで所々内容がわからず)、待っていると上がってきました。ピーク55までなったんで再度コール。何回かコールサインを送るとコピーしてもらえました。向こうは1kWと言っていましたが、こちらでもQSBの谷間は内容が取れません。もらったレポートは44~55(50W送信なのに意外といいレポートをもらってちょっとびっくり)。こちらのレポート、名前をコピーしてもらい(もちろんmobileも)無事QSO完了。動作は良好と見てよいようです。

再改造アンテナについてはまた後日UPします。

 

2008年6月10日 (火)

18MHzモービルアンテナ

私が使っている18MHzモノバンド半固定用アンテナについてです。

ベースはコメットのHR-21とNR-22Lです。P1010221 15年以上前に買ったHR-21ですが現在所有の車で使おうと思ったんですが、エレメントを切り過ぎたため、共振点が22MHzと21MHzでは使用できなりました。そのため24MHz用として使用するため、エレメントをもう一つ短く切りました。結果24MHzにばっちり共振しています。(VSWRは最良1.1)そして、このアンテナのエレメントを伸ばしたら18MHzでもいけるんとちゃうかなと考えいろいろ試したのが始まりです。

HR-21を18MHzで使用しようとすると、P1010222 単純に考えてエレメントを40cmほど延長しないと共振しません。が、そんなに長いエレメント(160cm)はありません。考えた末にこれまた15年以上前に買ったNR-22Lがふと目に付きました。このままでは位相コイルとHR-21をつなげるには短いエレメントを追加しないと使えません。ということで先に24MHz用に短く切ったあまりのエレメントがありましたので、そいつをHR-21とNR-22Lの間に取り付けました。共振点をアナライザで見てみるとおっ?!17.8MHzでVSWR1.1になっています。こらいけそうやなと少しずつ切っていき、みごと18.1MHzでVSWR1.1とばっちりになりました。ベースがHR-21+中間部は約350mm+NR-22Lの位相コイルより上の部分を使用し全長2.6mのアンテナの出来上がりです。最終でVSWR1.5以内の帯域を測定します。±400kHzと超広帯域になっています。P1010224

ただ位相コイルと追加エレメント部をつなぐところがエレメント径が合いませんので、わたしはステンレス用はんだをつけてすこし太目にしています。

このアンテナで21MHz帯を聞いてもそこそこ聞えてきます。(帯域が広いせいかな?)

総費用としては手持ちのアンテナを使用したのでかかりませんでしたが、新品でそろえるとそこそこの値段になってしまいます。(ただ、18MHz、24MHz、144MHzは入れ替えで使用できますので1周波数ではもう少し安く運用できる計算になります)。

P1010135 使用感はオークションで買った1.2mのモノバンドより長い分送、受信とも良いようです。風が強い日はアンテナがかなりしなりますのでフェージングの元になってるんじゃないかと思います。

1から自作はなかなか難しいですが、いろいろ組み合わせて作るのも良いんじゃないでしょうか。

ps:皆さん足跡残していってくださいね。

2008年6月 9日 (月)

今日は休み

昨日に続き夕方、18MHzは国内近距離絶好調でした。16時前からSWを入れると聞える聞える。固定から福井県吉田郡が59+で聞える。こらええということで、18.165MHzでCQを出すと絶好調。広島市、三田市、篠山市、福井県大飯郡、和歌山市等GWでは無理か、かすかすのところが非常に強い。どうやらスッキャターらしいです。HFハイバンドでこれぐらいの近距離はあまり出来ないので、楽しかったです。1時間ほどで21局とQSO出来ました。(HL1局含む)

2008年6月 8日 (日)

今日も国内絶好調

8日の午前中(と言っても昼前の30分間)は国内絶好調。運用先は兵庫県豊岡市の海岸横です。

最初は21MHzで8局とQSO、その後18MHzにQSYすると大阪の局が59で聞こえている。おっ?近距離Eスポか? 9エリアの小矢部市、同じ兵庫県のたつの市、神崎郡とQSO(この2局は以前QSO済みの知っている方)。18MHzで同じ県内(北部と南部)でQSO出きるのはあんまり無いです。昼ごはんを食べに行ったため午前中はここまで。

今度は夕方。18MHzで最初はT88NF。日本人OPでした。その後、OH/OM5MFとQSO。この局しばらくするとEUのパイルになっていました。YL局だから?。19時前、晩御飯の為QRT。QSO出来ずに聞えていた局は以下です。

I5ZSS(以前にQSO済みですが呼ぼうとしたら消えました)。VK6LC(59で強力)。VK3XQ。IK6CWQ(59ですが呼んでも全く応答なし。アリゲーターみたい)。I4YSS(ちょっと弱かった)。F8CFU(コールを確認してもらえずNIL)。PA3GSU(今日は53と弱かった)。今日のコンディションはどうもいまいちのようです。しかし、DXが数多く聞えただけでも良しとしよう。

2008年6月 6日 (金)

国内絶好調

本日は国内が絶好調です。午前中は2エリア(日進市)、4エリア(三次市、倉敷市)と近距離Eスポ炸裂でした。28MHzまで聞こえています。(同調していない21MHz用アンテナで受信)24MHzで8J63OITAが出ていましたが、がです。±25kHzがバリバリ。広がりすぎの電波でした。ゲイン上げ過ぎとちゃう?

DXは1局も聞こえません。(涙)

2008年6月 5日 (木)

SFI

今日のSFI=65。なんも聞こえへんのもしゃーないなー。国内もろくに聞こえない。すっかり廃バンドになっています。

2008年6月 4日 (水)

21MHz モービル

朝早くから仕事でしたので、車で和田山まで行ってきました。

帰りの近畿道で8J7OZEが21MHzに出ていましたので声を掛けました。59-59でQSO。3での夕方は7が良かったみたいです。

2008年6月 2日 (月)

6月2日

今日は、家に帰っての仕事のため17時30分位に帰ってきました。無線機の電源をON。18MHzはあんまりやなー。21MHzは・・国内はほとんど聞こえず。UA0LKD(ウラジオストック)が59+で入感していたのでコールしQSO。

午前中から今の時間までQRZ.comが開けない。なんでやろ。

それから、ご存知の方教えてください。18.132MHz付近でFAXのようなものが良く聞こえるんですが、これなんなんでしょう?

18MHz

6月1日もHFハイバンドが良かったようです。

16時15分頃からぽつぽつ国内局が聞こえていましたので、CQを出してみました。だんだん上がってきたようで、17時過ぎまで12局に呼ばれQSO。やっぱりHFはCQを出すと良く呼んでもらえるのでありがたいです。144MHzなんか空CQばかりですもん。

今日は28MHzで北海道占冠村移動と1stQSO。これから黒点が増えてくるとミラクルなバンドになってくるので、楽しみです。アンテナのこと考えなあかんなー。

今日、ひとつ気になったことがあります。それはグアムからQRVしていた局ですが、コールサインを言わずに1交信が終わってもQRZ?ばかり。しばらく聞いていましたが全くわかりませんでした。(コールサインは18MHzでQSOした方から確認しました)そんなん、別にええやんと言われたらそれだけのことですが・・・・。私は聞いていても上手いやり方とは思えませんでした。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »